toggle
妊活は未来を育てる活動です。マタニティライフも子育てもママの笑顔が子どもの輝く未来をつくります。

会社理念・代表ご挨拶

会社理念・代表ご挨拶

全ての女性が
自分らしく生きられる社会へ

結婚、妊娠、出産、子育て、あらゆるライフステージにおいても、
女性が自分らしく生きられるように、3つの視点でサポートしていきます。

  1. 1.Shine
    自分らしく輝く女性を増やします。
  2. 2.Love
    人を愛し、愛される女性を増やします。
  3. 3.Family ties
    力を合わせてあらゆる出来事を乗り越えて行ける「家族」を作っていく過程を全力でサポートします。

 

代表者プロフィール

代表者プロフィール

LAUREA合同会社代表 加藤 由香里
群馬県桐生市出身。2児の母。
取得免許:看護師・保健師・助産師免許。
慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科看護学分野、修士課程修了。⇒ 代表ブログ
⇒ 代表 Instagram

生まれながらにして見えない世界の声が聞こえたり、ビジョンが見えていました。
みんなにも聞こえたり、見えているものだと思っていましたが、話していたら「えっ?!」と冷やかな視線。気持ち悪がられた経験から、その能力を人に気付かれないようにと疎ましくさえ思っていました。

その後、赤ちゃんが大好きで人が産まれるお手伝いをしたいと助産師の道へ。
ずっと気のせいだとその能力に蓋をしていたものの、大好きな赤ちゃんの声はいつもすごくよく聞こえるので、こっそり会話をしては、ママさんに助産師の経験値としてお伝えしていました。

24歳の時に結婚し、自分自身も早く母親になりたいと願うものの、なかなか赤ちゃんを授かることができず、1人でこっそり妊活をしていました。
「妊娠したくないの?」と言われたり、親族には代理母を勧められたり、苦しくて辛い妊活時代でした。
約7年の妊活を経て待望の第1子を妊娠。産まれる直前まで吐くつわりに、切迫早産の入院、微弱陣痛による2日がかりのの出産。産後は、核家族でサポートを受けられない、主人の帰宅は遅く毎日ほぼワンオペ育児、1~2時間ごとの頻回授乳、抱っこを止めると目覚める赤ちゃんの泣き・・・と、全く休まらない中、産後うつになりました。

妊活から妊娠、出産、子育てと波乱万丈な経験を私自身がしたことから、妊活から子育てに至るまで、全ての女性が楽しく笑顔で自分らしく生きられるようにサポートしたい!と思い、会社を設立しました。

そして、情報社会の今だからこそ、育児書に書いてあるようなノウハウや技術だけではなく、ママ自身や赤ちゃん自身の「個」を見るという大切な視点を忘れてはいけない、本当の声、ココロの声を届けよう!と自分のスピリチュアル能力を天命と信じてお伝えすることにしました。
日本中に幸せな女性、幸せな家族を増やしていくサポートをさせていただけることを幸せに思っています。
皆さまとのご縁に心から感謝いたします。

主な実績

  • 産後ケアPour Les Maman医療ケア監修
  • 東京家政大学 看護学部 母性看護学にて外部講師として講義
  • たまひよファミリーパークベビーマッサージ講師、マタニティヨガ講師
  • HAPPY MAMA FESTA KAWASAKI セミナー講師
  • 国際女性デー HAPPY WOMAN セミナー講師
  • 日経ARIA・日経doors アンバサダー就任
  • 10年先の美と健康をつくる HACCOBEコラムニスト
  • 致知出版「別冊 母vol.2」広報・PR担当

講演やセミナー、出演などのご依頼はこちらから

 
トップページに戻る